刑事事件/逮捕後の流れ/恵比寿法律事務所(恵比寿/渋谷区)

恵比寿法律事務所(恵比寿/渋谷区)|刑事事件/逮捕後の流れ

刑事事件/逮捕後の流れ

①逮捕
犯行の疑いがある場合に、警察署や拘置所で拘束されます。逮捕による拘束は最大で72時間(3日間)です。このとき逮捕された被疑者は弁護人を付ける事を求める事ができます。

①勾留
逮捕に続いて、住居不定、証拠隠滅や逃亡の可能性が考えられる理由があるときは、警察署や拘置所で拘束されます。
起訴前の勾留は原則10日間とされていますが、検察官は裁判官に最大10日の勾留期間の延長を請求することが出来ます。

①捜査(取り調べ)
事件についての事実を明らかにするために、警察と検察官が証拠を集めたり、事情聴取を取ったりしながら被疑者を取り調べます。

④不起訴処分(釈放)
捜査の結果、犯人であることの疑いがない場合や起訴するのに十分な証拠がなかった場合、被疑者の性格や年齢や境遇、情状並びに犯罪の軽重により、起訴する必要がないと判断された場合、被疑者は釈放されます。

⑤略式起訴
公開の法廷で裁判を開くことなく、簡単な手続きで罰金または科料を科す略式命令を出す事を求めることを略式起訴といいます。

⑥起訴
公判を開いて、有罪か無罪かを決めます。有罪ならば、どのような刑罰を科すべきか決めます。
多くの場合、起訴が確定すると引き続き被疑者の勾留は続きます。これを「起訴後勾留」といいます。

⑦公判手続
起訴後の裁判による手続きを公判手続といいます。公判手続では、判決が言い渡されます。
判決により被疑者が有罪であるか無罪であるかが確定されます。有罪判決が下された場合は、罰金、懲役、禁固刑などの刑が科せられます。
有罪判決であっても、執行猶予付きの判決となる場合もあります。執行猶予とは、刑の言い渡しはするが刑の執行を一定期間猶予し、猶予期間を無事経過したときは、刑罰を与えないということです。

恵比寿法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 刑事事件/逮捕後の流れ刑事事件/逮捕後の流れ

    ①逮捕 犯行の疑いがある場合に、警察署や拘置所で拘束されます。逮捕...

  • 保険会社との交渉保険会社との交渉

    保険会社は示談交渉のプロですので、被害者側の主張を上手くはぐらかし...

  • 債務整理の種類債務整理の種類

    ◯任意整理 「任意整理」とは裁判所などの公的機関を通さず、債権者と...

  • 限定承認とは限定承認とは

    限定承認とは、プラスの財産の範囲内で負債を引き継ぐという条件付きで...

  • 遺産分割協議書の作成遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書とは、遺産分割協議の内容を書面にしたものを指し、相続...

  • 交通事故の過失割合交通事故の過失割合

    交通事故が起こると、「8対2」や「7対3」といった言葉をよく耳にす...

  • 遺留分減殺請求遺留分減殺請求

    法定相続人は、民法上一定の割合で相続財産を受け継ぐことができると定...

  • 相続放棄とは相続放棄とは

    相続放棄とは、被相続人の財産を一切相続しないことを指します。亡くな...

  • 刑事事件/痴漢冤罪刑事事件/痴漢冤罪

    無実の男性が痴漢犯人として間違われ、逮捕され勾留され痴漢冤罪の濡れ...

刑事事件/逮捕後の流れ|恵比寿法律事務所(恵比寿/渋谷区)

ページトップへ